利島村について

移住ガイド

住宅事情

村には、民間の不動産屋がありません。そのため、基本的に村営住宅に入居していただくことになります。しかし村営住宅は、利島村に住所があることが要件となっているため、島外から移住する場合は、島内の事業所等に就職が決まっている方でなければ応募することができませんので、ご注意ください。

引っ越し

村には、引っ越し業者がいません。そのため、単身者の場合は、ヤマト運輸のヤマト便を利用して荷物を送ることが一般的です。また大型家電については、購入店によっては配送ができない場合があるので、ご購入前に購入店舗または島内の就業予定先にご相談ください。

暮らし

集落が一つしかないため、移動は徒歩でも問題ありませんが、桟橋から集落までは40〜100mの高低差があります。東西に伸びた集落は、中心部に商店などが集まっています。保育園、小中学校が1つあり、高校はありません。小中学生の習い事としては、サッカー、柔道、剣道、太鼓、フラダンスなど多岐にわたっています。また大人のサークル活動も活発で、フットサル、バドミントン、バスケットボール、バレーボール、フラダンス、書道、カラムシ織りなどがあります。また利島は令和2年1月現在で、20〜40代の約84%がIターンのため、移住者が多くなっています。「島=高齢化」というイメージがあるかもしれませんが、高齢化率も約25%と全国平均程度で、逆に子どもが多く、年少人口(15歳未満)は約19%(全国平均約12%)となっています。

買い物

集落内に商店が4店舗あり、食料品、日用雑貨品などを購入することができます。どのお店も大きくないため、都会のように豊富な品揃えではありません。またインターネット通販などを活用して購入する方も増えています。

携帯電話

島内には、docomo、softbank、auの3社のアンテナが設置されており、使用できます。集落を大きく外れた場所では、電波状況が悪い場合もありますので、ご注意ください。

医療

村には、病院はなく、診療所が1軒のみで、医者1名、看護師2名体制で対応しています。時間外診療や休日診療は、村役場を通じて対応が可能となっています。日頃から医療全般について様々な相談にものっていますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ先
〒100-0301 東京都利島村248
利島村役場
電話 04992-9-0011