東京都 利島村

  • 利島診療所

伊勢海老・サザエ

LOADING
漁港伊勢海老伊勢海老とサザエ作業風景1作業風景2サザエとめっかり金目鯛
以前は、利島には元々船が停泊できるような湾がないこともあり、漁業は島の中心的な産業ではありませんでした。 明治39年に利島村漁業組合が設立され、漁業がはじまりましたが、そのころの主要漁獲物は、テングサ、サザエ、タカベなどでした。 大正に入り、トビウオ漁やサバ漁が盛んになり、その後、大正14年に農林省の補助で伊勢海老漁のための動力船を購入したことが今日の利島の漁業に繋がっていると言えます。昭和中期から港湾整備が進んだことにより、近年漁業が大きく発展しています。 荒波で囲まれた利島近海では魚貝類が豊富で高級魚介類の代名詞である伊勢海老も特産です。島にお越しの際は、ぜひ、利島の海の幸を楽しんで行ってください。

利島の漁業

伊勢海老

説明する必要がないくらい高級魚介類の伊勢海老。 冬場の漁師は伊勢海老漁を主に生活をしています。刺身にしてよし、焼いてよし、みそ汁はなおよし、と食べ方は自由自在です。 利島で採れる伊勢海老は、平均的なサイズが大きく、なかには600グラムを超える大物もあり、そのインパクトは絶大です。 また、荒波でもまれているため、身は引き締まっていて、プリプリ感がたまりません。 島にお越しの際は、ぜひ一度は刺身で召し上がってみてください。病み付きになること間違いなしです。 ※6~8月は禁漁となります。

サザエ

サザエは人気の高い貝類ですが、利島のサザエは、サイズが特大です。見た目が大きいがため、御祝い事などに送ると大変喜ばれます。 料理は定番のつぼ焼きをはじめ、炊き込みご飯なども美味しいですが、オススメはかき揚げです。 かき揚げに使う野菜はこれも島の特産である明日葉を入れるとなお美味しいですので、島にお越しの際は民宿でリクエストしてみてください。 ※7~8月は禁漁となります。

その他の魚介類 -めっかり-

イソモノ貝の一種でシッタカやクボガイと似ています。 利島産はやはりこれも特大サイズで食べ応えがあります。 塩茹でするだけなので手軽さも評判の一つです。 利島名物です。 ※採取期間は夏期のみ

その他の魚介類 -金目鯛-

伊豆半島沖で釣れる金目鯛は、全身がトロのような脂のため、刺身よりししゃぶしゃぶで食べるのが一番お薦めです。 金目鯛専門の漁師さんはいないため、手に入るときと入らないときがあります。

利島の海産物をお求めの方へ

利島の海産物をお買い求めたい方は利島村漁業協同組合(TEL:04992-9-0326)までお問合せください。